BLOGブログ

ブログ

滋賀県 保護犬・保護猫譲渡会等のお知らせまとめ

こんにちは。

湖南市のペットシッターまほろの加藤です。

皆さんは保護犬、保護猫について考えられたことはありますか?

最近は滋賀県でも「保護犬」「保護猫」の譲渡会が増えてきています。

うちの愛犬達トット、ヒヨコも保護犬譲渡会で会い、家族に迎えました🐶🐶

お迎え直後の不安だらけのトットとヒヨコ

1年で笑顔いっぱいになってくれました😊

私と、私の家族はこの子達を迎えることができて本当に良かったと思ってます!!

まだまだ保護犬、保護猫について詳しく知らない方もおられると思います。今回は保護犬、保護猫についての内容をお伝えしていきます🤗

目次

保護犬・保護猫って?

「保護犬」「保護猫」とは、その文字通り、「保護された犬」「保護された猫」のことです。
例えば、飼い主に捨てられた犬猫、迷子になった犬猫、繁殖引退、保健所や、動物愛護センターなどの行政に持ち込まれた犬猫、飼い主からの飼育放棄、多頭飼育崩壊、ブリーダー崩壊、野良犬猫の事故などなど…

様々な事情で保護された犬や猫のことを総称して「保護犬」「保護猫」と呼びます。

ペットショップで売られている可愛い子犬や子猫たちは、どこから来たのでしょうか?
どこかで親犬、親猫が繁殖させられ、生まれた子を選別して店頭に並べます。中には、お店の規定に合わず、売れないからという理由で小さいうちから繁殖犬にされたり、殺処分されてしまったり…
もちろんすべてのペットショップがそういった隠れた背景をもっているわけではありませんが、そういった事が行なわれている事もまた、事実です。
何度も何度も無理やり出産させられ、もう歳をとってきたからと、引退させられる。
そういう子たちは、狭い檻の中で「子どもを産む」以外の世界を知らずに生きてきたので、ある程度年齢を重ねてから、新たな環境に慣れさせていくことは、人間にとっても犬猫にとってもかなりの時間と労力が必要になりますよね。


どんな経緯で「保護犬」「保護猫」になったのかは、その子によって異なりますが、きっとそれぞれが様々な事情を抱えています。
“飼い主からの飼育放棄”ひとつとってみても、飼い主さんが病気になってしまったり、仕事での急な転勤が決まったりと、どうしても手放さなくてはいけないという方もいらっしゃるのが現状です。
それぞれがやむを得ない事情を抱え、犬猫たちは「保護」されるのです。

保護犬・保護猫に出会うには?

保護犬、保護猫と出会うには、行政や保護団体などが主催している「里親会」「譲渡会」などが、全国各地で開催されています。
まずはそういった、イベントなどを覗いてみる事をおすすめします。開催場所にもよりますが、いつでも誰でも見に行けるイベントがほとんどです。
また、「里親募集型の保護犬・保護猫カフェ」も増えてきており、お茶をしながら保護犬、保護猫たちと触れ合う事ができます。
「里親会」「譲渡会」や、「保護犬・保護猫カフェ」は、どちらも共通して、今すぐに里親になる事ができなくても、実際に「保護犬」「保護猫」を見ながら、ゆっくり考える事ができます。
その他にも、インターネットで里親募集をしているサイトなどがあったり、個人でSNSを使って里親さんを探している方もいらっしゃいます。

里親になるには?

保護犬・保護猫の里親になるには、里親になるには、それぞれに定められた「譲渡条件」があります。医療費がかかったり、相性があったり…。
1〜2週間のトライアル期間があるところもあります。

なかなか簡単に決められる事ではないかもしれません。
ですがもし、「ペットを家族に迎え入れたい!」と思った時には、ペットショップに行く前に、ぜひ、「保護犬」「保護猫」を選択肢に入れてみませんか?
もしかすると、運命の出会いが待っているかもしれませんヨ💓

ひとりひとりのその選択が積み重なって、たくさんの「保護犬」「保護猫」の命を救う事に繋がっていけたら、と思います。

滋賀県の保護団体様

直近の保護猫譲渡会チラシです。

滋賀県の保護団体さん等をご紹介します。

●滋賀県動物保護管理協会🐶🐱
http://www.sapca.jp/

● 動物愛護団体 ANGELS🐶🐱
http://angels2005.org/

● LOVE & PEACE Pray🐱
https://love-peace-pray.jp/what.html

●29Q project🐱
https://www.facebook.com/29Q-project-892650797751682/

●ぼくらはみんないきている🐶🐱
https://m.facebook.com/ぼくらはみんないきている-2422246634663859/

個人で保護活動をされている方もたくさん居られると思いますが、全てご紹介できずすみません。

犬も猫も言葉が発っせないだけで 人間の子供と同じです。
一旦心を閉ざしてしまった子達でも 必ず思いは通じます。
保護犬 保護猫 保護団体 ボランティア団体さんや個人ボランティアさんへの御理解が、もっともっと伝わりますように。
そして一匹でも多くの行き場のない動物たちに家族が出来ますように。